今澤知江の くらし「カワイイ!」レシピ

imazawajpt.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

聖徳太子の愛犬・雪丸の奈良てくてく探訪記(町編)

聖徳太子の愛犬・雪丸です。
雪丸のルーツと、聖徳太子の足跡がわかったので、町に繰り出そうかな、ワン!
でもその前に、奈良在住の畑さんから頂いた「大和郡山の銘菓」でお茶タイム。
なになに、豊臣秀吉に所望されて作った餅菓子が「鶯餅」と命名されたそう。
その後、郡山城近くに店を構えたのでいつの間にか「お城の口餅」と呼ばれるように
なったとか・・・銘菓にも歴史あり、雪丸にもいわれあり、ってことだね、ワン!
懐かしい味が、おいしい~!畑さん、奈良の味をありがとうだ、ワン!
e0133362_22581470.jpg


JR奈良駅と近鉄奈良駅の中間にある「元興寺の旧境内」を中心としたあたりを
「奈良町・ならまち」と呼んでいて、江戸や明治期の町家が残っているとのこと。
老舗の商店から、今時のカフェまで新旧が入り交じって楽しそう~。
お寺見学の神聖な気分から一気に煩悩の世界に戻った感じだ、ワン!
e0133362_237125.jpg
e0133362_2374392.jpg


買い物好きの雪丸の煩悩はとどまるところ知らず!?
さっそくに『焙煎大和茶』購入、ミルク出し用のほうじ茶のようです。
ミルクにシナモンやショウガを入れて煮立たせて飲む・・・イエイ、好みのタイプだ、ワン!
うるし塗りの箸も買ってしまった・・・。
e0133362_23121924.jpg

昔の時代にタイムスリップしたみたい・・・とキョロキョロしていたら、
東京でも有名な『遊・中川』の本店を発見!
ここは奈良で300年続く「奈良晒・ならさらし」の老舗・中川政七商店。
蚊帳(かや)生地を使った「ふきん」がキレイで使いやすくて大好き。
この店は築120年の町家だそう!リノベーションされていて新旧共存していて
すごーーーくステキだ、ワン!
e0133362_23231277.jpg

店内にカフェがあり、和室をそのまま使って、季節感あふれるギフトがたくさん・・・。
奈良ですな~、みんな買いたくなる、ワン!
e0133362_2325710.jpg

歩き疲れて、ようやく遅いお昼になりました。「にゅうめんセット」を注文。
これまた、「奈良の昼餉」って感じでうれし~い&おいし~い、ワン!
e0133362_23263034.jpg

『遊・中川』には、奈良らしい柄のハンカチ、ふきんがたくさん・・・。
「大仏柄」や「鹿柄」が、こんなにカワイイ!と思えるのが不思議。
極めつきは小さな桐箱に入った「文香」(手紙に入れるお香)のおひな様!
本当は「鹿せんべい」も買いたかったけど、荷物になるので諦めたワン!
e0133362_23391397.jpg


奈良町の駆け足探訪を切り上げて、今度は雑貨店のメッカ「くるみの木」へ、いざ!
近鉄奈良駅からバスに乗って、ようやくたどり着いたワン。
e0133362_2341798.jpg

e0133362_23414378.jpg

ここは石村由紀子さんが作った店で、もう25年以上たつのかな。
「モノを愛おしむココロ」でモノを選んでいて、全てのモノに愛を感じる店。
装飾過剰なものは何もなく、だから落ち着く店になっていて本で見たとおりだワン。
手前が雑貨屋さん10坪ぐらいかな、奥がカフェと洋服屋さん。
カフェがすご~く広くてビックリ!それなのに、昼は並んで待つほど人が来ると
スタッフさんが言っていた、すごいワン!
e0133362_23491287.jpg

カフェにはおいしそうなケーキやクッキーがたくさん。選ぶのに迷ったワン。
季節の「キンカンのムース」、キンカンの甘さが疲れを吹き飛ばしてくれたワン。
e0133362_23512945.jpg

「くるみの木」には使い勝手のよさそうな器類とおしゃれでおいしそうな食べ物が。
右の串刺しは「クッキー」!?アイディアに驚いたワン。
塩ビケース入りは「梅干し」、色違いで3種あり、梅の種類で味が違うとか。
その特徴が分かるデザインになっていて、ステキだワン。
e0133362_2354843.jpg

もう夕方。
駆け足の奈良探訪は「賢くなれる楽しい旅」だったワン。
ひとつひとつに「歴史あり!」で、それをひもとき豆知識を仕入れるだけでも
いままでの旅とはひと味ちがったものになる。
奈良は奥深い!又時間を作って、聖徳太子のルーツを探る旅を続けたいワン!
[PR]
by imazawajpt | 2012-02-27 00:00

聖徳太子の愛犬・雪丸の奈良てくてく探訪記(お寺編)

ぼく、雪丸です。
聖徳太子の愛犬だった雪丸から数えて○○代目にあたります。
生まれた時からかぶっている黒い帽子「烏帽子」(えぼし)が何よりの
証です。のんびりゆったりの脱力系・白イヌです。
ソフトバンクのお父さんイヌに似ているって!? 
とんでもない!聖徳太子の愛犬ってことは、600年の時代に、もう
存在していたのだから、あちらが真似したに違いないですよ。
ぼくが白イヌ・アイドルの元祖ですからね。間違えないでね、ワン!
でも、その聖徳太子の愛犬であったことを証明したいと、そのルーツを
探すための旅支度開始、トランクしっかり用意しましたよ。
e0133362_2331780.jpg


ということで、初代雪丸のルーツを訪ねて、奈良に行くことにしました。
新幹線を乗り換えてローカル線に乗ったら、ななんと向かい側の電車を見て
ビックリ!
奈良では電車までが「奈良してる」。
百人一首で覚えた、懐かしい?歌と人がそこに!
060.gifあかねさす~060.gif思わずハモってしまった、ワン!
e0133362_236127.jpg

e0133362_2374437.jpg


ようやく奈良・王寺町に着きました。
そこに達磨寺という寺があるのです。そこにルーツの証明があるとか。
なんて上品で立派なお寺でしょうか、静かにたたずんでいた、ワン!
e0133362_23111992.jpg

その境内に「雪丸像」があった、ワン!
りりしい!でもカワイイ!
e0133362_23124580.jpg

ちゃんと説明の看板=身分証明がありましたよ。
ふむふむ・・・やっぱりぼくは正しい雪丸の系統であること分かった、ワン!
えっへん! なんだかうれしくって自慢したい気分。
e0133362_23161924.jpg


次は聖徳太子が仕事をしていた法隆寺を訪ねることに。
王寺町から電車に乗り、法隆寺へ。そこからバスですぐでした。
わ~い! ここが法隆寺なんだ。静寂を感じるたたずまい・・・
歴史の重さが伝わってくるようだ、ワン!
e0133362_23192719.jpg

みなさ~ん!見てください。近々、太子の法要があるようですよ。
太子は今の時代にも、しっかりと皆のココロに生きているんですね。
「人の和を尊んだ太子のココロ」ぼくも伝えたい、ワン!
e0133362_23212059.jpg

これが、あの有名な「五重塔」、日本最古のものらしいですよ。
その時代に、どうやって作ったのかな? 不思議だ、ワン!
e0133362_23241533.jpg

ここが仏教の勉強をした大講堂。
どこも勉学の場所は広くてのびのびしてるんだね。
e0133362_23274751.jpg

これ以外にも、いくつもの建物がこの「西院伽藍」には建っていて
すごーーく広かったよ。
そこを抜けて、長ーい道をずっと歩いていくと「東院伽藍」に着きます。
e0133362_23305191.jpg


その東院伽藍の中心が、あの有名な「夢殿」。
我が師・聖徳太子の遺徳を偲んで建てた建物のひとつ。
神秘的な静けさが伝わってきた、ワン!
e0133362_23351096.jpg


梅の花がいつ咲くのかな?なんて、のんびりしていたら・・・
いつもは雪がふらない奈良に、突然に粉雪が舞い始めました。
それが、ぼたん雪になって、さらにビックリ!
駆け足だったけど、太子の足跡ちょっと分かった感じの旅でした。
次は奈良の町に繰り出しますよ。
楽しみにしていてね、ワン!
[PR]
by imazawajpt | 2012-02-20 23:38