今澤知江の くらし「カワイイ!」レシピ

imazawajpt.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

美瑛はすごい!

10月末に、北海道の美瑛町に行ってきました。美瑛は北の国からの富良野の近く、美しい風景で有名になったところです。右の写真は「ケンとメリーの木」、コマーシャルに使われて一躍有名になりました。どこまでも続く、丘のような畑が外国の田舎のような風景を生んでいるようです。北海道はもう冬シーズンなので、遠くの山は雪をかぶっていました。畑も枯れてきているのですが、それでも私には美しく心安らぐ風景でした。
e0133362_17293391.jpg
e0133362_173022100.jpg

美瑛に行きたかったのは実はこの景色を見るためではなく「美瑛選果」という農協直営の店があると本で読んだからなのです。さらに、なんと週刊ポストに、それを発案した若き農協職員のことが出ていたので手紙を書きました。そして、その立役者の森平さんにお会いし、お話しを聞いてきました。「美瑛の農産畜産物のショールームを作る」がコンセプトの店は東京にもないほどの、ステキさがいっぱいでした。外観はこんな感じでした。ここは「選果工房」というスイーツと軽食のカフェ部分です。
e0133362_1735298.jpg

中には、農産畜産物を販売する「選果市場」があります。これが、農協直営!?と思うほど、すっきりきれいな内装で、販売の仕方もパーフェクト!米も豆も量り売り、野菜の販売什器もこれでなくっちゃ!の感じでした。ジャガイモを蒸かしたり、お米を炊いたりしての試食もありました。東京近郊でも、こんなステキな直売所はありません。すごいです。
e0133362_1739063.jpg
e0133362_17391948.jpg
e0133362_1739443.jpg
e0133362_17401128.jpg

それと「アスペルジュ」という野菜がメインのレストランがあります。コース料理はランチでも2650円と、この地では高いのかなと思ったのですが、食べて納得!安いと思えるくらいの魅力あふれるものでした。野菜がおいしい!実感できましたよ。これは薄いクッキータイプの生地で作った「コロネ」に「マッシュポテト」を詰めたもの。ふつうのマッシュポテトとは全く違う美味。ソフトクリームのように手に持っていただきました。発想の仕方が素晴らしい。新しい味わいを感じました。
e0133362_17434299.jpg

20種類の野菜の一皿。それぞれの野菜の味がしっかり感じられました。
e0133362_1744614.jpg

骨付きハムのような地元の豚肉で作ったコンフィの薄切りを野菜のソースで食べます。添えて食べるための玉ねぎのローストは鍋ごと熱々のままやってきました。
e0133362_17443694.jpg
e0133362_1745616.jpg

デザートも、トマトのシロップ煮とかぼちゃのプリンでした。すごい!
e0133362_17505413.jpg
e0133362_17511027.jpg

野菜を「選果市場」で見て、試食して、さらに「レストラン」で料理されたものを食べて・・・見ても食べてもおいしい野菜を再発見できる場所でした。森平さんがおっしゃっていた「ショールーム」の意味がよーーくわかりました。これなら、全国から見学に来たり、買付けにきたりしたくなりますよね。商売としても大成功だし、宣伝効果もすごいと伺いました。お米だって、野菜だって、豆だって、こうやって販売すれば立派な「ブランドモノ」になれるのだと確信しました。東京じゃない、しかも4月から10月までしか商売にならない遠い北の地にも、ステキなこと考えて実践している若者がいること、力強いです。日本の農業を支えようと地方でも頑張っているのですね。そのことが伝わってきて幸せな気持ちになれました。私も日本の農業のために力を尽くそうと再確認できました。
[PR]
by imazawajpt | 2009-11-05 17:55

秋のみのりはカワイイ!

10月は「ハロウイーン」、私のくらす渋谷区広尾は、外国人比率が4人に一人なので、街のそこここで、ハロウイーンと遭遇します。が、忙しさにかまけて何もしないでいたら、北海道の「あつママくらぶ」から届いた「バラエティボックス」の中に「おもちゃかぼちゃ」が入っていたので、早速に
玄関をディスプレーすることにしました。かぼちゃを「ハロウイーンの顔」にするの、ちょっと難しいかも、なかなかイメージの顔になりませんでしたが、いかがでしょうか?右の画像が、そのかぼちゃ、食べるかぼちゃも仲間入り。我が家にもハロウイーンがやってきました。
e0133362_14481665.jpg
e0133362_14484783.jpg

このは箱のジャガイモとかぼちゃで、早速調理してみました。
●かぼちゃのサラダ 
 
e0133362_14512423.jpg

 塩で柔らかく煮たかぼちゃの皮をむき、[マヨネーズ+プレーンヨーグルト+顆粒のコンソメ]を混ぜたものに、つぶしながらあえます。かぼちゃの皮も千切りにして加えました。ハムなどを加えると美味。

●定番!肉じゃが
 
e0133362_14544252.jpg

じゃがいも、肉、白滝、にんじんをテキトーに切って、[焼き肉のタレ+その倍の水]で煮るだけ。醤油味より、ちょっとボリュームある味になりますよ。我が家では、ゆで卵も最後に加えてます。

●あつママクラブのレシピより・ジャガイモのガレット
 
e0133362_14572124.jpg

 千切り器で細く切ったじゃがいもに「塩+コショー+ナツメグ+(粉チーズ)」を混ぜ、バター又はオリーブ油を熱したフライパン押し付けるように入れて、押しつけながら両面を焼く。ピザのように切り分けて食べるというもの。野菜と一緒に入っていた「レシピ」に粉チーズを入れるアレンジを加えて作ったら、すごくおいしい---!あつママくらぶのみなさん、ありがとうございました。

この箱が着く2週間ほど前に、最後の北海道野菜が、バラエティボックスで届きました。
緑色の「ひすいナス」をはじめ、おいしそうな野菜がいっぱい。でもこれで北海道は冬体制に入ってしまうので、最後の野菜になりました。
e0133362_1554886.jpg


これも早速調理してみました。
●ひすいナスのスープ仕立て
 
e0133362_1582138.jpg

 片栗粉を付けて、焦げ目をつけるぐらいに焼いた鶏肉と、同じくフライパンで焼いたナスをコンソメスープで煮て、スープ仕立てに。ナスの緑がいきました。

●ラタトウーイユ
 
e0133362_1512446.jpg

今回のトマトは調理用とあったので、ナス、カラーピーマンにズッキーニを加えて、それぞれフライパンでオリーブ油でいためて、鍋に入れ、トマトを加えてバジルも茎ごと2枝分ぐらい加えて、コトコト煮るだけ。味は、塩とコンソメで。鶏肉のソテーと、ゆでジャガイモ、カブを添えて、フランス風?に盛り付けてみました。

北海道厚真町で、特産物を作ろうと研究開発をしている長谷さんから「こくわ」をいただきました。昔から珍重されている滋味あふれる貴重な実だとのことです。イチゴぐらいの大きさのキウイといった感じのもの、生で食べてもすごく美味!これを果実酒とジャムにしてみました。ジャムは酸味があって、おいしいです。果実酒は?半年ぐらいおいてから飲んでみることにします。
e0133362_15194559.jpg
e0133362_15201581.jpg

e0133362_15205053.jpg


厚真町の木村米穀店さんから、そのまま炊ける「玄米」を送ってもらったので、それに小納谷さんから頂いた「黒米」を混ぜて炊いてみました。玄米とは思えない味に、黒米のモチモチ感が加わって、さらに美味に。お米の奥深さを感じました。
e0133362_15292876.jpg


北海道厚真町から持って帰ってきたり、送ってもらったりして食べたものは、フツウの食べ物なのに、味が違うのです。特に、じゃがいも、かぼちゃの味が。今までのものは何だったのかと思うほどです。土地つまり土壌のもつ力を感じました。これからも、さらにその味の追求を続けたいと思いました。
[PR]
by imazawajpt | 2009-11-01 15:21