今澤知江の くらし「カワイイ!」レシピ

imazawajpt.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 69 )

なつかしい町はカワイイ!

残暑のこの頃、ホントに暑い058.gif
そんな中、この間ステキな町を発見!

ひとつは名古屋市にある「覚王山参道」
そこは日本で唯一お釈迦様のご遺骨をご安置するお寺「日泰寺」のあるところ。
昔ながらの町並みに、なつかしい店、おしゃれな店が共存していてカワイイ!
e0133362_19572888.jpg
e0133362_19594025.jpg
そこでちょうどお昼の時間。「お食事処 小松」でお昼の定食を。(外観写真撮り忘れた!残念!)ご近所のおばちゃんがやっている食堂って感じで、なんだかホッと一休み。私はお昼の定食、キモチもほっこりする感じ。案内してくださった木工家の井崎さんは「冷しゃぶ定食」通なセレクトに関心049.gif 次回は、私もチャレンジしたい…。
e0133362_20063333.jpg
e0133362_20065630.jpg
ところ変わって「聖徳太子の愛犬・雪丸」のいる、奈良県王寺町060.gifここに築103年の町屋がゲストハウスになっている、と聞いて早速見に行きました。そこは「涌玄堂」と言い、かってこの地域の庄屋の邸宅を昔の姿そのままにリノベーションしたもの、なかなかの佇まいでした、ステキ!
e0133362_20214957.jpg
そのゲストハウスに向かう道の入り口にもレトロな建物発見!何の店なのかしら??
e0133362_20232439.jpg
e0133362_20234192.jpg
消された看板から、元古美術屋さんと判定、こんどは近くで見てみると…何だか今どきの雑貨屋さんのよう…
e0133362_20253995.jpg
e0133362_20260839.jpg
お店の中に入ってみると、そこはナチュラルなライフスタイルを提案する雑貨店、手作り風の服が奥にあるのを見つけて話を聞くと…そこはかって、お母様が古美術屋さんをやっていたとか、アパレル関係で働いていたお嬢さんの犬飼佐和子さんが、以前よりの夢を実現すべくお店を引きついだとか。店内の什器もすべて手作り、自分の作りたい服を作って売るというのが理想なので作り始めたと。もう少しまとまったら店頭に出そうと、今は引っ込めているんですって。私は、ウインドウにかかっていたエプロンドレスを購入。涼しくてよい着心地でした。
e0133362_20262990.jpg
その後、その店「ぎんのいす」では、私たちの愛犬「雪丸」商品も置いて下さるようになりました。次回には、その手作り店内もご紹介したいです。なつかしい町には、楽しいことがたくさん眠っているのかも?もっと探しに行きたくなりました。
[PR]
by imazawajpt | 2014-08-24 20:42

みどりの風パワー?!

残暑の頃になりました058.gif
台風で湿度が高くなって亜熱帯みたい!
やはり日本はアジアの国なんですね。
ところが私が住む渋谷区広尾あたりは、ちょっと爽やか、と言うのは木が多いから?かも、なんです。
東京メトロ広尾駅を出て、我が家に向かう並木道に入ると緑陰と涼風がセットでやってくる!って感じなんです。
e0133362_15360793.jpg
その並木を抜けて、我が家にたどり着くと…ベランダが「みどりのカーテン」になりました060.gif
e0133362_15595302.jpg
e0133362_16010748.jpg
これは5月末に東逗子に住む長谷川静さんのお宅へ伺ったとき頂いた10cmぐらいの苗が、
こんなに大きくなったのです。
直径20cmぐらいの小さな小さなプランター2個に植えたのですがこんなに成長したのです。
その上、小さいながらゴーヤもしっかり出来ました。
すごーい!ゴーヤのたくましさに日々関心して、元気をもらっている感じ066.gif
なので今年の夏はゴーヤに助けられて暑さをしのいでいるってとこでしょうか。

そこで、ゴーヤチャンプルーだけではないゴーヤさまの魅力を開発しようと、
早速調理に取り掛かりました。ご参考までに見てくださいね。

ゴーヤそうめん
ゴーヤを薄切りにして、軽く塩もみ、それに「すし酢」をかけてピクルス風に
・そうめんの上に今回は「ニンニクで炒めたイカ」を乗せました。 
・「ゆでた小エビ」の方がカワイイかも。それに薄口のそうめん汁をかけて  
プチトマトライムを添えて、出来上がり。ちょっとした酸味が元気を呼びます。
e0133362_16081684.jpg
ゴーヤサラダ
ゴーヤを薄切りにして塩もみしておく
枝豆、スライス玉ねぎ、ローストビーフ(又はハムツナ缶)→どれも少々
・マヨネーズにオリーブ油とヨーグルト、塩を加えて混ぜ、上記の材料をあえる
・冷やしたワインにピッタリの味わい、 疲れが吹き飛ぶ感じです。
e0133362_16083969.jpg
みどりの風、みどりの野菜、どちらも元気の素なんですね。
暑いと嘆いてばかりいないで、身近な「みどり」を探してみてくださいね。
[PR]
by imazawajpt | 2014-08-14 16:44

♪金魚~きんぎょ~きんぎょ~~♪♪


私が子供のころ、イエイエ、花子とアンの大正時代ではありませんよ、昭和の中ごろですよ。
060.gif金魚、きんぎょ~060.gif と言いながら、金魚を売りに来ていました。下町の夏の風物詩って感じで。
そのノスタルジーでしょうか、あるときから急に金魚に目が行くようになりました。

それはちょうど今から10年前、上海の動物園に行ったときのこと…
オブジェのような金魚鉢発見027.gif ビックリ! これ野外ですよ。しかも冬。
e0133362_23504180.jpg
こんなに大きいのです!それより私が若いって、そうなんです10年前ですから039.gif
でもステキな金魚鉢、「おきんぎょさま053.gif」とお呼びしなければいけない雰囲気でした。
e0133362_23532596.jpg
そして時は移って2014年7月、今年ですよー。
東京でも大金魚鉢発見!毎年恒例の日本橋高島屋です。
日本では「金魚=日差しまぶしい夏004.gif=ゆかた」となるようです
幻想的な形の金魚鉢、ダイヤモンドカットのように前後に突き出しているのです。

e0133362_23573038.jpg
 


e0133362_00140190.jpg
これは微妙なアール加工で金魚が巨大に見えますよ。
ひと時のさわやかさが、夏も悪くないかなって思わせてくれました。ありがとうございます!
毎年、新しいタイプの金魚鉢を考える人たちがいるんですね、どんな人かしら??想像するだけで楽しい、
金魚は人を楽しませてくれるのですね、金魚にも感謝で~す016.gif

e0133362_00003519.jpg



[PR]
by imazawajpt | 2014-07-05 00:23

モヒートの季節に!

e0133362_23300633.jpge0133362_01040570.jpge0133362_01042744.jpgうっとおしい梅雨057.gif
でもその合間の晴天は、もう夏064.gif
モヒートの季節到来で〜す。

北海道勇払郡厚真町(あつまちょう)で完全無農薬
作物栽培の「梅ちゃん&ジョン」から、
収穫第一便が届いて、その中にミントがたくさん。
ミント大好き〜003.gif
さっそくモヒートにチャレンジ!

箱の中には今の北海道の旬がいっぱい!
(葉っぱの写真ボケててスミマセン)

モヒートの作り方、箱の中味はこんな感じ006.gif

《モヒートの作り方》
○材料:ミントの葉20枚以上、ライム二分の1個、
砂糖少々、ラム酒、ソーダ水、氷
・厚めのグラスに、ミントライム四分の一個を薄切り、砂糖少々をすりこ木で軽くつぶす
・その中にラム酒(好みの量)を入れて、氷をたくさん入れる
・そこにソーダを入れて、よく混ぜる
ミントの葉2枚ぐらいを手のひらで軽く叩いて浮かべる、ライム四分の1個を添える
(飲むときに添えたライムを搾って加えると、さらに美味、少しおいて全体が冷えたら飲んでね)
さわやかさがいっぱいにひろがりますよ、
いただきま〜す029.gif

《地球防衛軍の野菜セットは》
完全無能薬,無科学肥料で作られた「梅ちゃん&ジョン」の野菜は地球防衛軍のフェイスブックから
注文できます。伸びやかに育った野菜の味が特徴です。
http://www.facebook.com/chikyuuboueigun.hitsuki
地球に安心安全を届けたいと考えた二人が、新規就農して始めたプロジェクト、私も応援しています!

○今回の箱の中身は
・ハスカップ(ブルーベリーのような実、アントシアニンがブルーベリーの10倍!
 美容と健康の強い味方です)250g×2パック→2,000円
玄米茶(桜やナラの木でじっくり、ゆっくり手作業で焙煎)150g→600円
・おまけのやさい→ラデッシュサラダ用の葉っぱ、赤しそ、ミント(スペアミント、アップルミント
 ペパーミント
 ・これにクール便の送料1,100円で 合計3,700円
  内容は相談して決められます、注文してみてね。
  元気な野菜で元気になりましょ〜う066.gif

[PR]
by imazawajpt | 2014-06-30 23:39

ランタン祭り&スターフェスタはステキ&カワイイ!

私がグリーンツーリズムをお手伝いしている北海道勇払郡厚真町(あつまちょう)では
毎年、節分の日にランタン祭り&スターフェスタを開催しています。
今年は2月1日の土曜日に開催、大好評だったようです。
私は訪問出来なかったんでフェイスブックやUチューブで見て感動してました。

ランタンはバケツに水を入れて凍らせ、それにローソクを入れます。
その数、なんと5,000個! 人口5,000人弱の町なのに・・・凄い!
当日に集められたランタンはこんな感じ。
e0133362_22181829.jpg


それを丘の上にある温浴施設・こぶしの湯厚真周辺にデザイン通りに並べて行きます。
田舎は暗いのです、だからこそランタンが星のように光って見えます。
e0133362_22214881.jpg

e0133362_22224760.jpg


そのランタンを見に行く道すがらには地元小学生が冬休みの宿題で作った
陸灯籠が並べられて、皆さんを迎えてくれます。なんて上手な絵なんでしょう!
e0133362_22243084.jpg


そのイベントの最後は、その丘から見下ろせる田んぼの中で「干支」文字を焼き、
花火を上げるんです。それが又見事にキレイ!
e0133362_22261426.jpg


午年ばんざ~い!
やるじゃん、厚真町!
来年も楽しみにしていまーーーす。
[PR]
by imazawajpt | 2014-02-05 22:18

ラッキーピッグはカワイイ!

ラッキーピッグのストラップをスマホに付け、常時携帯001.gif
身長10センチぐらいなので、バッグの中で探しやすい。
それと、私のところで企画している「ラッキーで~す!」と紹介しやすい。
ま、わが社の『営業部長』ということかしら。
なので、季節に合わせてチト変身。
e0133362_1636736.jpg


フ、フフフ…017.gif
真ん中の大きいのは身長20センチのマスコットなんですが…
クリスマス、お正月と、時が過ぎ、
東京でも雪が降るかも?なんて言っているのに、気分は一気に春056.gif
リボンコレクション箱を空けたらこの「バラ付きリボン」があったからなんだけど…
オーガンジーのスカーフ二枚重ね、分かるかな?
でも色が淡くて地味かしらん?
e0133362_1643484.jpg

[PR]
by imazawajpt | 2014-01-09 16:43

白玉はカワイイ!

「お正月=お汁粉&ぜんざい」が頭に浮かび、
コトコトあずきを煮てみました。
でも、「これにお餅を入れると=太るかも?」とも思って
「白玉=小さい」ならイイかもと、白玉粉を買いに走りました。
そして、早速作って見たら・・・100㌘でこんなにたくさん!
e0133362_14523088.jpg

なんだか小さくてけなげな感じが、カワイイ!
でも熱湯で茹でたらちょっと大きくなりましたが・・・。

それでは早速にお正月のお茶タイム。
冷たいあずき煮に白玉のせて060.gif

ちょっとダイエット気分にもなれた感じ、
無駄な抵抗かな??
e0133362_1456523.jpg

[PR]
by imazawajpt | 2014-01-07 14:56

東京一望!

2014年、六本木にある森タワーの56階から屋上に。
わ~い! 東京タワーも下に見える。左端はスカイツリー。
空から見ている感じ・・・東京タワーの側に、怪獣がいたら・・・と、
円谷プロファンの友人つぶやいてましたよ。
確かに!その方がもっと楽しいかも!?
e0133362_16245363.jpg

53階に戻って、天空でのランチ。
外国っぽく?ホットドッグ。
何だかこの景色に似合ってる感じ。
e0133362_16275265.jpg

[PR]
by imazawajpt | 2014-01-06 16:29

すたこら訪問記・山形県真室川町の巻

060.gifわたしゃ~まーむろがーわの、梅のは~な~こりゃこりゃ060.gif
この「真室川音頭」が私の頭の中にすぐ浮かんだ山形県真室川町に行って来ました。
そこは山形の先「新庄」から更に在来線で行くところにありました。
e0133362_0302153.jpg


そこは私が藤沢周平の本で思い描いていたとおりの景色が広がっていました。
のどかで山深い町。
そんな静かな山々の間にある町も、町の人たちが自ら特産品を開発したりして
「町を元気にしたい」と考えて、私を講師に呼んでくださり、セミナーでお話し、
ワークショップで皆さんと語り合って欲しいとか。
まずは、町の様子を知りたいと前日と当日、町の中を「すたこら」と訪ねてみました。

最初は真室川のデビ夫人?いえいえ、デブ夫人(自称)と呼ばれているという
梅子さんのお宅へ。
事故の影響で新幹線が山形止まりだったので、在来線でかなり時間をかけて
真室川町に着いた私はお腹ペコペコ・・・梅子さんに町で買った「つけ麺」を作って
もらうことにしました。初対面なのに、です。ありがとうございま~す。

つけ麺作っている間、近くを見ておいでと言うことなので、近くの「獅子神様」を見学に。
山への道祖神って感じ、旅の無事をお願いしましたよ。
e0133362_14431873.jpg

町の入口にあった「庄司製麺さん」で買った「つけ麺」がこんなに美味しそうに出来上がり!
付け合わせは、この地でのみ大事に育てられてきた伝承野菜「勘次郎キュウリ」
これだけで郷土色満載の感じ038.gif
e0133362_1534498.jpg


その後、梅子さんがデブ夫人と呼ばれる由縁のビデオを見せてもらいました。
町の観光大使のように「冬に山菜を栽培、雪国に冬の仕事を作った人」としていろいろな
テレビに出たりして「明るい真室川町」を宣伝しているからのようでした。
次に、冬のために準備している「山菜」の畑を見せてもらいました。
今、収穫しているのは「ニラ」と「ネギ」、それ以外に「たらの芽」「うるい」などの山菜を育てて
秋に温室栽培に移行する準備をしているそうでした。山間の畑・・・梅子さんの愛情いっぱい003.gif
e0133362_14584296.jpg


夕方に町会議員の大友又治さん・千代子さんのお宅へ。
なんだか早速夕方だからと068.gifタイムへ突入!
町のあれこれのこと、千代子さんたち町のお母さん方が熱い想いを込めて作った
「料理を通して町を伝える本『あがらしゃれ真室川』」のことと話は尽きません。
一番のご馳走はやはり「勘次郎きゅうり」瑞々しいのです。味噌&マヨネーズで頂きました。
e0133362_1582598.jpg
e0133362_158577.jpg


翌日は朝一で農産物のお買い物。持参のトランクを半分空けて、野菜を持ち帰るキモチ
満々で産直の「まごころ工房」へ。
皆さんがよってたかって「あれもうまい、これもイイ」と勧めてくださいました。
好子さんは自分が作った「勘次郎きゅうり」を素早く切って試食させてくれました。

真ん中にいるのが、今回私を呼んでくださった大友大志さん、若干23才!
若い!「地域おこし協力隊」として役場の臨時職員になり、今回のことを企画したそう。
志のある若者は違うと思うことしきりでした。
e0133362_15152691.jpg

好子さんは野菜以外に「豆」も作っていて、こんなステキな売り方していました!
e0133362_1517223.jpg


町には「下駄屋」?「パン屋」? いえいえ「下駄&パン屋」さんがありました。
天然酵母を使った本格的なハード系パンを作って販売、もちろん「下駄」も売っているのです。
e0133362_15195324.jpg
e0133362_15205626.jpg


お菓子屋さんの平和堂さんには「伝承野菜のスイーツ」がありました。
「勘次郎きゅうりのジュレ」と「甚五右衛門芋(さといも)のタルト」、
年間作れるように、野菜をペーストにして冷凍保存するなどの努力を重ねているとのこと。
シェフに拍手038.gif
e0133362_1527131.jpg

平和堂のシェフ・パティシエの阿部さん。まなざしのやさしい方でした。
私を迎えにきてくださった役場の桂さん「ラッキーピッグのスタイ」を愛用して
お嬢さんの育児時に使ってくれたそう。うれしい005.gif
私への差し入れに「実家のミニトマトで作ったジュース」を作ってきてくださいました。
やさしい「あがらしゃれ」のキモチ伝わりました!
e0133362_15295552.jpg


帰り際に、あきおさんの家におよばれ。無農薬で野菜と山菜を作り、鮎など川魚も
販売しているとか。「食べてけ!」と鮎やいくらをいただきました。
e0133362_15411160.jpg

とりたての「うるいの花」(三杯酢でたべろ)「たらの芽」(てんぷらにしろ)をお土産に。
e0133362_1543211.jpg

ホントにおいしかった! あきおさん、ありがとうございました。

今回の旅は、町のことを知りたいと言った私に、担当の大友大志さんが送ってくれた
「あがらしゃれ真室川」という町のおかあさんたちが作った郷土食の料理本から
始まりました。それには食を通しての「丁寧で心ゆたかなくらしぶり」が満載でした。
そのルーツを訪ねることができた今回のセミナーの旅。
e0133362_1551786.jpg


この本と伝承野菜のパンフレット、勘次郎きゅうり(うりのようなきゅりのような味)、
おいしかったし、楽しかったし、とても学ぶことの多かったセミナー&ワークショップ、
皆さんの笑顔とまごころと「あがらしゃれ」(どうぞお召し上がりください。どうぞ中に
お入り下さい。という『おもてなしのコトバ』)、しっかりココロに刻みました。
皆さ~ん、ありがとうございました。
ばんざ~い060.gif真室川町!
[PR]
by imazawajpt | 2013-07-29 15:31

ラッキーピッグです! 新商品できました~!

ラッキーで~す!
ラッツで~す!  ふたり合わせて【ラッキーピッグです!】
食欲の秋、なんでも美味しい秋、
そして雑貨商品の新商品発売の秋でもあるんですよ。
知らなかったでしょう? エッヘン!よろしくね。
今回ボクたちのイチオシは、なんて言ってもこれかな038.gif
『ラッキーピッグのパスケース』でーす。
e0133362_11442090.jpg

これはネ、バッグに付けるとビョョ~~ンと延びて改札にタッチできるのさ、見えるー?
黒い細いひもが頭の上からのびてるでしょ、チョー便利でカワイイ!
その上、肉まんみたいに「ほっこり、あったか」だよん。ピンクと白もあるよ。
e0133362_11511424.jpg


「カワイイ!」が大好き女子へのオススメはこれかな。
ボクたちとスイーツが飛び交っている『メラミン食器』
食器としても、お部屋のインテリアとしても楽しそう~、でしょう?
その上、落としても割れないから、うっかりさんのあなたにピッタリかも037.gif
e0133362_1155348.jpg


秋はアウトドアでランチもいいね~、
そんな時のランチボックスもイロイロ揃いましたよ。
デザインは「青い鳥さがそう」と「森へ行こう」の2種。
それぞれにボクたちからのメッセージを込めました045.gif
★青い鳥はね→しあわせの青い鳥は、わざわざ探しにいかなくったて、
いつでも、あなたのそばにいるよ、見つけてねって。
★森へ行こうは→森へ行ってみよう!森の木々たちは空に向かってのびのび伸びてるよ、
自由な心さえあれば、何も遮るモノなんてないのさ、ってね。
e0133362_124588.jpg


おそろいのデザインで大型のマグカップもあるよ。
これはたっぷりスープも入る大きさ、これからの季節に活躍しそうだよ。
その上、1コづつマグと同じデザインの「ギフトボックス入り」、プレゼントにもピッタリ!
喜ばれること、まちがいなし003.gifだね。
e0133362_1262781.jpg

キッチンで役立ちそうな『シールパック』もありまーす。
これは「陶器のボールに密封できる蓋付き」、そのまま冷蔵庫にしまえるし、
蓋をとってレンジにもかけらるしで便利~、テーブルの上に置いておやつ入れに
しても、カワイイ! これも「ギフトボックス入り」
e0133362_12114110.jpg


さらにおそろの『ポリランチョンマット』もありまーす。
テーブルの上が楽しくなりますよ。
e0133362_12134183.jpg


このシリーズ以外に『メッセージ・ギフトマグ』も作りましたよ。
お茶の時間が楽しくなるようなちょっと大きめマグ。
これも「ギフトボックス入り」なので、プレゼントにピッタリ!
色違いのペアでウエディングギフトにもいいかもね。
e0133362_12163592.jpg


現在発売中の人気商品たちも紹介しておくね。
★じゃ~ん! 『ラッキーカフェ』でーす。
ボクたちがパリにい行った時に考えたんだよ、エッフェル塔、カフェオレ、ワイン、
フランスパン・・・美味しいものいっぱいのパリ気分が伝わりますように006.gif
e0133362_12302319.jpg


★ず~と愛され続けている『定番ラッキー』もよろしくね。
e0133362_12315948.jpg


ラッキーピッグ商品ができて、もう10年!
いつでも、どこでもあなたのそばにいて「ラッキー」を運び続けま~す。
そうそう、「ラッキー!」って、言うだけで「スマイル顔001.gifになるよ。
そしたらまわりの人たちも「スマイル」になるね、
そうすれば『笑顔つなごう』になる! いつでもラッキーで行こう!
[PR]
by imazawajpt | 2012-10-16 12:16