今澤知江の くらし「カワイイ!」レシピ

imazawajpt.exblog.jp
ブログトップ

北海道でイングリッシュガーデン!? sanpo

広い北海道、そこかしこが、そのまま緑の公園のよう、と思っていました。が、その中でも、さらにその緑を利用して「見せる庭」を作っているところがあるとか・・・。今回、厚真町のグリーンツーリズム研究会の町外視察で行ってきました。まずは、札幌から車で30分ぐらいの恵庭というところにある「えこりん村」へ。この中に『銀河庭園』というイギリス人デザイナーが作った30種類のテーマガーデンがあります。なんと入場料が800円!でした。まず入り口はこんな感じでした。
e0133362_17582610.jpg

入るとすぐに「チェルシーツリーハウス」という小説家の庭のイメージの庭が。ツリーハウスというより、コテージなんだけど・・・?
e0133362_1825824.jpg

もうひとつのツリーハウスは茅葺き屋根でした。どちらもツリーハウスは木の上にあると思っていた私にはピンとこなかったのですが、小さな森の中の小屋と思えば、童話の中に出てきそうな感じで、ひと時楽しい気分になれました。
e0133362_1842942.jpg

広大な敷地の中に1000種類もの植物があるとか。よく手入れされていて、どこもきれいでした。が、一方ではそれが人工的に見えすぎることもあることがよくわかりました。
e0133362_1894326.jpg
e0133362_1810158.jpg

次に、同じ「えこりん村」にある『とまとの森』へ。ここは、大きな温室なのですが、一粒の種から
1万7000個ものトマトを収穫するのですって!圧巻でしたよ。
e0133362_18125018.jpg
e0133362_1813777.jpg
e0133362_18132227.jpg


えこりん村を後にして、今度は由仁町にある広大なハーブガーデン「ゆにガーデン」へ。ハーブばかりを期待していたのですが、ここも手入れされた人工的な庭園でした。ここの入場料は600円。やっぱりちょっと高いですよね。
e0133362_1817453.jpg
e0133362_1818813.jpg
e0133362_18182460.jpg

この庭園でよかったことは、ミニトマトやベリーがたくさんあったこと。ブラックベリーは初めは赤くて、その後、黒くなること初めて知りました!何も知らずに、ベリー大好きと言いながら食べていたのが恥ずかしい!
e0133362_18251529.jpg

うーーん、と考えさせられた庭園めぐりでした。北海道には、この地にふさわしい庭があるはず。ここまで完璧に作らないで、もっと自然を生かしたものできないのでしょうか?これを機に、北海道にふさわしい庭、例えばテレビドラマに出てきた、「風のガーデン」のような庭はないのか、これから探ってみようと思いました。が、北海道はもうすでに秋で閉鎖されている庭が多いのです。このテーマは来年の4月まで持ち越しとなりました。
[PR]
by imazawajpt | 2009-10-06 18:28